BBS-雑談掲示板データ/23

トップ 差分 一覧 Farm ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

 質問 - 04070 (2004年09月16日 21時20分22秒)

公共図書館って、文献複写を頼めるんですか? その場合、費用負担の仕組みはどうなっているんでしょうか。

公共図書館全体で、何かコンセンサスがあるのか気になったので、ここで質問します。

  • 「文献複写」の意味は館内資料の複写でしょうか、それとも持ち込んだ資料でしょうか?前者の場合には実費を負担することで可能ですが、後者の場合には著作権法違反になります。無料の原則からはずれて、複写サービスで費用徴収を行う根拠は、他の図書館サービスと違い、複写された紙の所有権が利用者になるため、と言われています。参考までに、図書館情報学用語辞典での定義をあげておきます。
複写サービス【ふくしゃさーびす】copy service
利用者の求めに応じ、図書館資料の複写の便宜を提供すること。自館の利用者へのサー
ビスのほかに、他館からの依頼によって複写物を送付する場合もある。該当資料が著作
権保護の対象となっている場合、図書館では、「著作権法」第31条において許容されて
いる範囲内であれば、その図書館に所蔵されている資料を用いて複製することができる。
ただし、ここでいう図書館とは、「著作権法施行令」第1条に定められるものに限定され
る。電子複写が一般的な方法であるが、劣化した資料または劣化のおそれがある資料に
ついては、資料保護のために、写真撮影によってフィルムや紙の形態で提供することが
望ましい。なお、複写作業を行う者としては、図書館職員、図書館に委託された業者、
さらにはコイン式コピー機を使う利用者自身が考えられるが、このサービスは、「著作
権法」を遵守して行われなければならない。
  • これでご質問に対する答えになっていますでしょうか? - あがた (2004年09月16日 22時29分09秒)
  • 分かりました。どうもありがとうございました。著作権の話が出たので、実はもう1つ質問をさせて頂ければと思います。図書館のコピー機で複写できるのは、「著作権により図書館所蔵の資料に限られる」、と何度か聞きました。疑問なのは、コピー機の利用に関して、どうしてわざわざ著作権法で規定されているのか、という点です。ある先生に質問したところ、この制限の理由は「図書館でノートコピーをする学生などがいると、コピー機に長い列が出来て、図書館の資料をコピーしたい人に不便だから」と言われました。そうであれば、コピー機の利用制限は、むしろ図書館の利用規則で定める方が、適切ではと思います。どうして、著作権法でわざわざ定められているのでしょうか? 変な質問ですいません - 04070 (2004年09月16日 23時36分43秒)
  • 著作権法によれば著作者はその方の著作物に関する複製権を占有します。つまり、原則的には著作者の許諾を得なければ、複製はできないのです。しかしながら、著作権概念よりも以前から存在してきた図書館については、著作権に関する法律が昭和45年に改定され、複製権が導入されたときに、図書館における複製に関する規定を設けて、一定の条件下では著作権者の許諾を得なくても複製ができるようにしています。これは本来著作権者がもっている権利をある条件では制限すると言うものですので、図書館の利用規則とは違うレベルの話になります。ちなみに、私の授業でもいいましたが、著作権法における図書館等には、厳密には学校図書館を含まないため学校図書館で複写サービスを行うことは違法になります[1]。これで答えになっているとよいのですが。 - あがた (2004年09月17日 00時26分40秒)
  • 分かりました。詳しくて、丁寧なご説明ありがとうございました。著作権の問題に関して、講習を通して興味が出てきましたので、今後自分でもう少し勉強しようと思います。重ねて、ありがとうございました。 - 04070 (2004年09月18日 00時15分45秒)
  • [1]この文に関しては以前に見たパンフレットに影響されて誤りを書いておりましたので修正しました・・・(2006年12月13日)

最終更新時間:2006年12月13日 22時24分54秒