日本目録規則

トップ 差分 一覧 Farm ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

 概要



 日本目録規則とは⇒用語


 基本記入方式と記述ユニット方式

  • 基本記入方式
    • 英米の目録規則で採用されている方式、日本目録規則でも1965年版まで採用
    • 著者名または書名を標目とする基本記入(基本カード)を作成
    • 基本記入に基づいて、他の書誌的要素(標目に採用しなかった書名、共著者など)を副出、内容を分出
  • 記述ユニット方式
    • 標目とは関係なく記述をユニットとして完成させ、同一の記述ユニットにそれぞれ標目を与えて、それぞれの標目のもとに目録カードを、もしくは書誌データが編成される

 記述の対象

  • メディアの種類
  • 和洋資料、古書・漢籍を含む図書館が所蔵するあらゆる資料
    • 印刷資料(図書、雑誌・新聞など)、録音資料(音盤、音楽CD など)、映像資料(ビデオテープ、LD など)、マイクロ資料、電子資料...
  • しかし、専門資料については、書誌情報の相互利用、流通を考慮に入れつつ、専門的な規則を適用してもよい

 記述の範囲・順序

  1. タイトルと責任表示に関する事項
    • 標題紙(裏)→奥付→背→表紙
  1. 版(次)[1]に関する事項
    • 標題紙(裏)→奥付→背→表紙
  1. 資料(刊行方式)の特性に関する事項
    • (図書では使用せず)地図資料、楽譜、電子資料、博物資料、逐次刊行物
  1. 出版・頒布等に関する事項
    • 標題紙(裏)→奥付→背→表紙
  1. 形態に関する事項
    • その資料から
  1. シリーズに関する事項
    • その資料から
  1. 注記[2]に関する事項
    • どこからでもよい
  1. 標準番号・入手条件に関する事項
    • どこからでもよい

  • 記述の情報源は以下のとおり(図書の場合)
    • 1,2,4 → 「資料本体」から転記(標題紙(裏)→奥付→背→表紙)
    • 5,6 → その図書から
    • 7,8 → どこからでも

 記述の精粗

  • 目録作成機関が、目録の規模や方針に対応して、記録すべき書誌的事項のレベル(水準)を選択できるようにしたこと
  • 『日本目録規則1987年版』の大きな特色

第1水準(必須)

  • 目録の機能を発揮するために必要とされる最低限の要件である
  • 『日本目録規則1987年改訂版』では本タイトル、最初の責任表示、版表示、出版者または頒布者等、出版年または頒布年等、ページ数、本シリーズ名の7事項
  • 記述方法は以下のとおり
本タイトル_/_最初の責任表示._−_半表示._−_資料(または刊行方式)の特性
に関する事項._−_出版社または頒布者等,_出版社または頒布年等._−_特定資料
種別と資料の数量._−_(本シリーズ名)

第2水準(標準)

  • 通常の目録に置いて必要とされる範囲の書誌的事項
  • 本タイトル、資料種別、タイトル関連情報、責任表示、版表示、特定の版にのみ関係する責任表示、資料(または刊行方式)の特性に関する事項、出版地または頒布地等、出版者または頒布者等、出版年または頒布年等、特定し領主別と資料の数量、その他の形態的細目、大きさ、付属資料、本シリーズ名、シリーズに関する責任表示、シリーズのISSN、シリーズ番号、下位シリーズの書誌的事項、注記、標準番号(ISBN)

第3水準(詳細)

  • 国際的な書誌情報の流通に十分に対応可能な詳細度の書誌事項

 書誌階層(レベル)

単行レベル

  • 物理的単位に基づいた記録
  • 例)上下2巻の図書 → 上巻、下巻それぞれ

“単行レベルの書誌単位で、単行資料の本タイトルから始まる一連の書誌的事項の集合”
(『日本目録規則1987年版改訂版』用語解説)。略して単行単位ともいう。書誌的記録を
組成する構造的な単位である書誌単位の一つ。逐次刊行書誌単位とともに基礎書誌単位に
位置付けられる。単行資料を記述の対象とするときには、この単行書誌単位を記述の本体
とする書誌的記録を作成するのが、『日本目録規則1987年版』および『同改訂版』におけ
る原則的な方針であり、その作成される記録を単行レベルの記録という。

集合レベル

  • 書誌単位に基づいた記録
  • 例)上下2巻の図書 → 2巻同一の固有タイトルのもとに集めた書誌的記録

“集合書誌レベルの書誌単位で、単行資料の集合または上位レベルの逐次刊行物の固有の
タイトルから始まる一連の書誌的事項の集合”(『日本目録規則1987年版改訂版』用語解
説)。略して集合単位ともいう。書誌的記録を組成する構造的な単位である書誌単位の一
つをなす。2以上の階層で存在することがある。単行資料の集合を記述の対象とするとき
には、集合書誌単位を記述の本体とする書誌的記録を作成することになり、それを集合レ
ベルの記録という。

構成レベル

  • 作品集などを構成する各編の作品タイトルで始まる書誌単位の記録

“単行書誌単位もしくは逐次刊行書誌単位の、下位書誌レベルを記述する書誌単位で、固
有のタイトルを有しているが、形態的に独立していない、資料の構成部分を記述対象とす
る”(『日本目録規則1987年版改訂版』用語解説)。略して構成単位ともいう。書誌的記
録を組成する構造的な単位である書誌単位の一つをなし、“構成部分の固有のタイトルか
ら始まる一連の書誌的事項の集合”とも定義される。2以上の階層で存在することがある。
構成部分を記述の対象とするときには、構成書誌単位を記述の本体とする書誌的記録を作
成することになり、それを構成レベルの記録という。

 目録規則における用語 → 巻末の用語集を参照すること


 記述(転記)の方法

  • 原則
    • タイトルと責任表示、版、出版・頒布等、シリーズはそのまま(表示のとおり)転記
  • 数字
    • タイトルと責任表示以外はアラビア数字で
  • 楷書体以外
    • 楷書体で
  • 変体がな
    • ひらがなで
  • 外国文字・記号
    • そのまま
  • 誤記・誤植
    • 明らかな誤植は正しい形に訂正し、注記などに訂正したことがわかるように記録する。
    • 脱字は[ ]に入れて補記する。前後にスペースは入れない。

  • 区切り
    • ISBD 区切り記号法[3]による

 ISBD区切り記号

区切り記号の名称

記号 名称
等号
コロン
セミコロン
スラッシュ
ピリオド
コンマ

 用語[4]

  • 日本目録規則【にほんもくろくきそく】Nippon Cataloging Rules(NCR)
    • 日本の標準目録規則。日本文庫協会は1893(明治26)年に書名基本記入方式の『和漢圖書目録編纂規則』を制定し、その後身である日本図書館協会はこれを改訂し、1910(明治43)年に『和漢圖書目録編纂概則』を制定した。さらに1932(昭和7)年には『和漢圖書目録法案』を公表したが、これは基本記入にかかわる問題のため案のままに終わった。一方、青年図書館員聯盟は1943(昭和18)年に著者基本記入方式の『日本目録規則1942年版』を刊行したが、第二次大戦後、国立国会図書館開設のためにアメリカより招聘された特別顧問から、同館では和漢書にこの規則を使用することとし、日本図書館協会が速やかにその改訂を行うよう勧告を受けた。以後、この勧告に沿った『日本目録規則1952年版』、パリ原則に従った『同1965年版』、国際標準書誌記述に準拠し、併せて記述ユニット方式を導入した『同新版予備版』(1977)、これを踏襲しながらも、書誌階層にかかわる新たな規定を導入し、オンライン目録やMARCレコードにも配慮した『同1987年版』および『同1987年版改訂版』(1994)が日本図書館協会によって制定されている。

  • 基本記入方式【きほんきにゅうほうしき】main entry system
    • 『日本目録規則1987年版改訂版』序説によれば、“基本記入と、これをもとにして補助的に作成される副出記入、分出記入とをもって一つの著者タイトル目録を編成する方式である”とされている。その長所としては、“基本記入と補助記入とを組み合わせることにより効率的に情報を提供することができる”、さらには“単一記入制の目録を編成する場合、目録記入を著者標目のもとに集中することができる”などがあげられる。一方、複数記入制を前提とした場合、基本記入と副出記入とが含む情報量に差がなくなったこと、個別型目録の作成にあたっては基本記入と副出記入の区別にあまり意味がないこと、基本記入の標目の選定が目録担当者によって必ずしも常に一致するとは限らないことなどが、基本記入方式の問題として指摘されている。『英米目録規則第2版』など、基本記入方式を保持している目録規則も存在するが、複写技術の発達と機械可読目録の登場もあり、現在では非基本記入方式である記述ユニット方式や等価標目方式の考え方が推進されるに至っている。

  • 記述ユニット方式【きじゅつゆにっとほうしき】descriptive unit system
    • “書誌記述を標目とは切り離して完結させ、基本的な記述ユニットとする。この記述ユニットに必要なだけの等価の標目を与え、指示されたそれぞれの標目のもとに各種の目録を編成する方式をいう”(『日本目録規則1987年版改訂版』用語解説)。カード目録では、この記述ユニットをなすカードを必要部数複製し、各々に標目を付加して各種の記入を作成することになり、「記述ユニットカード方式」と呼ばれた(『日本目録規則新版予備版』)。「記述独立方式」がその源流であるが、非基本記入の方式という点で『英米目録規則第2版』における「等価標目方式」と同趣旨である。これらは標目の種別を問わず、多様な検索を可能とする機械可読目録に、よりいっそう適した方式といえよう。その反面、記述対象資料に収録されている著作の第一義的な責任の所在は示されない。
  • [1]版次【はんじ】edition designator 印刷物において版が何回改まったかを示す用語。最初の版を初版、次の版を再版、第2版などという。改版は印刷物の内容の改訂に伴って行われることが多いが、当該資料の書誌記述を行う場合、この版次を版表示として記録することをもって、他の版との相違を明確にすることができる。なお、日本では刷次の意味で版次を用いている出版者があり、書誌記述を行う上で注意が必要である。
  • [2]”タイトルからシリーズに関する事項までの、定型的な書誌的事項で構成された書誌記述を敷衍・詳述したり、限定する必要のあるとき、記述の最後に記録する書誌的事項”(『日本目録規則1987年版改訂版』用語解説。ただし、現行の書誌記述では、標準番号と入手条件を記録するエリアが最後となる)。その機能としては、資料の識別、書誌的記録の理解を容易にする、資料の特徴を示す、書誌的来歴を示すなど多様なものがあり、一般には、目録担当者が各書誌的事項の記述に説明を加える必要があると認めた場合に記録される。
  • [3]ISBD区切り記号【あいえすびーでぃーくぎりきごう】ISBD punctuation 『日本目録規則1987年版改訂版』用語解説によれば、「区切り記号法」とは、“ISBDに基づき、書誌記述において書誌的事項それぞれの前に置く一定の記号で、一般の句読法とは別にその用法を定めているもの”と定義される。各書誌的事項(エリアと書誌的要素)の前に置く記号、または取り囲む記号で、個々の書誌的事項を判別する手がかりとなるものである。国際標準書誌記述は、国際的な書誌的記録の交換を促進するために、区切り記号を導入した書誌記述を提唱した。それに応じて、今日各国の標準目録規則も、区切り記号を取り入れている。
  • [4]日本図書館学会用語辞典編集委員会編. 図書館情報学用語辞典. 東京. 丸善. 1997. 244p.

最終更新時間:2004年12月18日 11時10分46秒