学校図書館メディアの構成

トップ 差分 一覧 Farm ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

学校図書館メディアの構成

 連絡事項

  • 教室が7406教室ではなく7403教室に変更されたので注意すること。

  • 長期欠席者に対する課題はこちらまで。

  • 12月10日は、長期欠席者に対する補講日とする。また、12月25日(土) 1時限目7402教室で補講を行うが、こちらも長期欠席者に対する補講日なので、注意すること。

  • 定期試験ですが、1月21日(金) 9:30-10:30 7211教室となります。

 概要

学校図書館におけるメディアの構成を中心として、以下のような内容から構成される。

  1. 学校図書館におけるメディアの種類とその特性を学習していく。(⇒図書館資料論)
  2. メディアを十分に活用するために学校図書館における資料組織化について学習し、簡単な演習も行っていく。(⇒資料組織概説・演習?・?)

 構成

1. はじめに

授業に関するガイダンスを行う。また、学校図書館に対するイメージを聞きつつ、学校図書館の基本語句の説明を行う。学校図書館における資料組織についてのビデオを鑑賞する。


2. 司書教諭と学校司書

司書教諭と学校司書の基本的な用語とその役割の違いを解説する。


3. 学校図書館メディアの種類

学校にある情報メディアは大きく分けて、教育用メディアと図書館資料がある。ここでは各メディアについて概観するとともに資料種別に関する用語について解説を行う。


4. 学校図書館における蔵書構築

5. 学校図書館における資料組織化

    1. 学校図書館における目録
    2. 学校図書館における分類?
    3. 学校図書館における件名標目表?

(課外活動) 武蔵高等学校学校図書館見学

授業の評価

  • 受講態度(満40点)と試験(満60点)を合計した点数で評価を行う。
    • 受講態度には各回の授業に出席したことでつく原点に、授業への積極的な貢献をした場合には加点を、他の方(講師を含む)に迷惑となるような行為をした場合には減点をする。
    • 授業内で質問・意見がある場合には、挙手などをせずに、発言してかまわない。
    • 欠席するさいには欠席届を提出すること。提出しない場合には無断欠席としてその回の出席点は0点とする。欠席届は公的なものでなくてもよいが、学籍番号、名前、授業名、欠席日、欠席の理由を必ず書くこと。
  • 履修者には必ずAからDが成績としてつき、X評価(つまり評価なし)はない。
    • 90点以上を特A、80点以上をA、70点以上をB、60点以上をC、59点以下をDとする。

 履修上の留意点

 この授業は司書教諭科目のなかでも特に専門的な知識が要求されるので、授業には必ず出席し、考え方をしっかり理解するよう心がけること。そのためにも、授業以外の予習・復習をしっかりして授業に望むこと。

[資料組織]

最終更新時間:2004年12月17日 10時30分29秒