学校図書館における蔵書構築

トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

 学校図書館における蔵書構築


 学校図書館の収集方針

学校図書館における一般原則


  • アメリカ学校図書館協会; 教育コミュニケーション工学協会共編. 『インフォメーションパワー=Information Power』 東京:全国学校図書館協議会, 1989, p.109より

    1. 資料の選択やコレクションの除籍のための基準を設定する
    2. 資料選択の具体的目標を設定する
    3. 選定過程に関与する職員の責任を明示する
    4. 選択対象とすべき資料・機器のタイプを示す
    5. 資料の評価において遵守すべき規準を示す
    6. 資料の選択、現有コレクションに含まれる資料の定期的再評価および問題になった資料の取り扱い手順を明らかにする
    7. 方針の定期的再検討と改訂の手続きについての項目を含める

絵本

  • 絵本の選択(渡辺茂男「児童図書研究機廛轡薀丱垢茲蝓

絵本は子供が最初に出会う本である。長い読書生活を通じて読む本のうちで、一番大切な本である。その子が絵本の中で見つけだす楽しみの量によって生涯本好きにあるかどうか決まる。

    1. 主人公登場人物が動物であれ、人間であれ、読者に生命を感じさせるもの
    2. ことば、絵の両面において、創造性、空想性の豊かなもの
    3. 美感、色彩感、リズム感の豊かなもの
    4. 理念、ことば、線の明快なもの
    5. 驚異の念の豊かなもの
    6. ナンセンス
    7. ユーモア
    8. 精神面、感情面において子どもの要求をみたし、子供時代を尊重しているもの
    9. 造本、デザイン感覚のすぐれているもの
    10. 一つの意図が一冊にゆきわたったもの
    11. 物語と絵の一致しているもの
    12. 表現能力と理解の応力の差をわきまえ、後者を重視したもの−−教育的効果

視聴覚資料

  • ビデオ
  • Margaret J. H.; Katz, Bill. A.V. in public library and school libraries; Selection and policy issues. New York; Howorth Press, 1994より

    1. 正確で最新の情報や事項が盛り込まれているか
    2. 興味を起こさせ高めるものかあるいはユニークな方法で情報を提示しているか
    3. 他の資料には見つからない情報が加味されているか、あるいは、その内容を膨らませているか
    4. 演技に真実味があるか
    5. 情報は論理的に順序よく提示されているか
    6. 視覚的イメージははっきりしているか
    7. 音(ナレーションや会話、効果音)は明瞭で、理解しやすいか
    8. 文字や文章(題名、副題、キャプションなど)は読みやすいか
    9. 音と絵がぴったり合っているか
    10. 色彩表現は正確か


数量的規準

  • 学校図書館図書標準(サイト説明より)
公立義務教育諸学校の学校図書館に整備すべき蔵書の標準として、平成5年3月に定
めたものである。

 学校図書館における資料廃棄

最終更新時間:2017年06月02日 16時40分03秒