トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

20060126首都圏ネット

_ex_spam_filterプラグインがインストールできません。Unescaped left brace in regex is illegal here in regex; marked by <-- HERE in m/^{{ <-- HERE comment\s*.*}}$/ at plugin/_ex_spam_filter/comment.pm line 58. Compilation failed in require at plugin/_ex_spam_filter/Install.pm line 20. BEGIN failed--compilation aborted at plugin/_ex_spam_filter/Install.pm line 20. Compilation failed in require at (eval 13) line 1.

番組タイトル

2006年01月26日 首都圏ネット内
6:37〜6:46 文化流行最前線 「変わる図書館」

概要

図書館 概要
市川市立図書館 ゆったり楽しむ図書館 畳三畳ほどの個室
読み聞かせの部屋 物語に対応して照明を、天井がドーム型
所沢市立図書館 コンビニで本が借りられる
東村山市久米川電車図書館 子供たちに人気の電車図書館
横浜市???私立図書館book room [encounter.] 本の世界が広がるユニークな図書館 本との偶然の出会い 1時間飲み物付きで500円

感想

最後の横浜の私立図書館の紹介で、私立図書館であるからか、場所も名前も紹介しなかったのが、非常に気になりました。
book room [encounter.]だそうです。








ご意見・情報など

  • 横浜のはここ。book room [encounter.] http://www.super-jp.com/bookpick/encounter/index.html - 図書館の神様 (2006年01月27日 07時14分37秒)
  • 関連記事も。http://www.hamakei.com/headline/1278/ - 図書館の神様 (2006年01月27日 07時16分04秒)
  • 情報をありがとうございました。>図書館の神様さん - あがた (2006年01月27日 11時14分20秒)
  • 横浜のは、読書喫茶…? - 図書館の神様 (2006年01月27日 11時46分36秒)
  • libcinemaメーリングリストに流れていた情報によれば期間限定のアートの一種だそうです。ただ、NHKの「図書館」に関する番組コーナーで紹介されたこと、新聞記事では「図書室」とされていたことなどから、大きく私立図書館の一種と考えられるのではないでしょうか? - あがた (2006年01月28日 00時19分29秒)
  • なるほど。NHK的には図書館(公的なサービス?)か喫茶(商売)の判断がびみょ〜だったので、場所や名前を出さなかったのかも? 【問】マンガ喫茶は図書館か? - 図書館の神様 (2006年01月28日 08時16分37秒)
  • NHKが名前(横浜のbook room [encounter.])を出さなかったのは会費や利用料を取っている点で、そこが営利目的であり、「NHKの番組で、特定の業者や商品を推奨することはありません。」(http://www.nhk.or.jp/gatten/news/nosenden.htmlより)[1]に該当してしまうからだと思います。ただ、NHKはちょっとでもひっかかりそうな場合にも名前を伏せるようで個人的には違和感があります。
  • 次に、「マンガ喫茶は図書館か」というご質問に関して、私の考えを書いておきます(まとまっていないかもしれませんが)。マンガ喫茶は「(会費・利用料を徴収し)資料を利用者に提供する(閲覧させる)」という活動からは貸出をしない会員制図書館とたいして変わらないものです。ただ、営利目的の度合いが強いか(実費程度か儲けを出そうとしているか)、扱っている資料が有用か[2]といった点でマンガ喫茶=図書館と考える人は少ないと思います。個人的には、出てくる文脈(どのような場での話か)によってはマンガ喫茶=図書館でもよい、と考えています。結局、曖昧な答えになりました(笑)。 - あがた (2006年01月28日 10時01分44秒)
  • 「放送法」第二章 日本放送協会(広告放送等の禁止)第四十六条 1項および2項[3]を読むと、今回の番組内容(図書館の新展開として紹介)であれば、抵触しないのでは、とも? 図書館であるか否かというところの判断がびみょ〜か? - 図書館の神様 (2006年01月28日 12時45分47秒)
  • マンガが有用な資料であるか否かの点は、司書講習でも有名なA大学のあるM市立図書館のように、購入と貸出をしている館もあるので、概して、否ともいえないのでは?(笑) - 図書館の神様 (2006年01月28日 13時08分51秒)
  • 放送法のご紹介ありがとうございました。実は我が家にはテレビがありませんので、NHKの番組も間接的にしか見ることができませんので、放送法はよく知りませんでした。たしかに今回のケースはちょっと検討すればこの法律には抵触しないようですね。ただ、個人的な印象としては、番組製作者の誰かが、この「book room「encounter」が会費と利用料を徴収している」と聞いたときに(少しも考えずに)自動的に「NHKとしては名前は出せない」と判断したのではないかと思います。 - あがた (2006年01月29日 00時35分59秒)
  • 「マンガ喫茶=図書館と考える人は少ないと思います」と書きましたが、私自身は少ない方に入ります[4]。どちらかといえばマンガをよく読むほうでして、マンガという点、有用性[5]という点から図書館から排除すべきではないと考えています。さらに言えば、選書論としては異端だと思いますが、図書館司書はもとより誰にでも自分のため[6]以外に本を選ぶ「権利」[7]や妥当性はないと考えています。この話を始めると長くなるので詳細については割愛しますが[8]、まあ、個人的な意見としては、文脈に応じてこのbook room「encounter」に対しては「図書館」「読書喫茶」「アートの一種」等どのようなラベルをつけてもいいのではないか、ということです。 - あがた (2006年01月29日 00時36分11秒)
お名前: コメント:
  • [1]もう少しよい引用があればよかったのですが、「NHKは企業宣伝をしない」は内規なのか公式サイトの「NHK倫理・行動憲章」「行 動 指 針」には明確な形では書いてありませんでした。しょうがないので間接的ではありますが番組「ためしてガッテン」にあった注意書き的なページからの引用です。
  • [2]ちょっと乱暴すぎる使い方です
  • [3]放送法 第二章 日本放送協会(広告放送等の禁止)第四十六条 協会は、他人の営業に関する広告の放送をしてはならない。2 前項の規定は、放送番組編集上必要であつて、且つ、他人の営業に関する広告のためにするものでないと認められる場合において、著作者又は営業者の氏名又は名称等を放送することを妨げるものではない。
  • [4]ただ、一方でマンガ喫茶を利用した数少ない経験からはマンガ喫茶を図書館と呼ぶことにやや抵抗感があることは否定できません。早稲田のマンガ図書館は図書館だと思うのですが・・・
  • [5]この言葉は誰にとっての有用性?ということを考えてしまいます。例えばこれからマンガ家になろうとしている人にとっては「漫画の構造論」という本が100冊あるよりうまいマンガ家によるマンガ1冊の方が役に立つこともあるわけです。
  • [6]さらに言えば「ある瞬間の自分のため」
  • [7]この表現が妥当かは微妙ですが・・・
  • [8]うまく説明できるか自信がないともいえます(笑)

最終更新時間:2006年01月29日 00時36分11秒