トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Wikiの導入と運用

Wiki

 Wikiとは

Webブラウザから簡単にWebページの発行・編集などが行なえる、Webコンテンツ管理システム。WebサーバにインストールしてWebブラウザから利用する。(IT用語辞典より)


ウィキ(Wiki)あるいはウィキウィキ(WikiWiki)とは、ウェブブラウザを利用してWWWサーバ上のハイパーテキスト文書を書き換えるシステムの一種である。(フリー百科事典『ウィキペディア』の項目「Wiki」より)



Wikiはページ作成が簡単で、誰にでも編集できる、いわば参加者全員がウェブマスターになれるコンテンツサーバー。(ボウ ルーフほか『Wiki way』より)


 Wikiエンジン、クローン

  • Wikiはもともと一つのWikiの改造、修正によって作られてきた経緯があるため、Wikiクローンとも呼ばれる。

PukiWiki

FreeStyleWiki

Wikiの比較


 Wikiの導入

FreeStyleWikiの選択理由

  • 慶應のパソコン教室にはActive Perlがインストールされており、Perlで開発されているWikiが導入しやすい
  • 標準では外部データベースを用いないため、導入が容易であると予想されること
  • プラグインで拡張が可能なこと

導入の実際

 

1. SourceForgeのFSWikiのページから任意の場所にダウンロード(できればHドライブ) https://sourceforge.jp/projects/fswiki/files/

2. ファイルを解凍する

3.DocumentRootをWikiを導入したフォルダに変更する

3. FSWikiがCGIとして動作するように、Apache2の設定ファイルを修正する

    • 導入したディレクトリにExecCGIオプションを加える

 Options FollowSymLinks → Options FollowSymLinks ExecCGI

    • 拡張子.cgiをCGIとして認識させるようにする

 #AddHandler .cgi → 行頭の"#"をとる

4. FSWikiを導入したディレクトリ中に作業ディレクトリを作成する

    • log、attach、backup

5. wiki.cgiの先頭行の"!/ur/bin/perl"をperlの実行ファイルを指定するよう変更する

    • 慶応の場合
#!c:/perl/bin/perl

6. adminでログインし、パスワードを変更する。また、guestアカウントを消去するか、あるいはパスワードを変更する

最終更新時間:2010年08月19日 14時35分26秒