トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

EclipseからのSubversionの使用

 EclipseからのSubversionの使用

  • 注意:これはEclipse 3.1.1、Subclipse 0.9.34に基づくものである。

Subversionサーバは授業用にあるものをそのまま使うため、ここではEclipseからサーバ上のリポジトリを使い、プロジェクトの共有を行う方法を紹介する。

Subclipseの導入(必要があれば)

a. eclipseワークベンチのヘルプ−検索とインストールを選ぶ

b. 「インストールする新規フィーチャーを検索」をチェックし、「次へ」を選ぶ

c. 右側に表示されているボタンで「新規リモート・サイト(T)」を押す。

d. 新規更新サイトの名前に「subclipse」URLに「http://subclipse.tigris.org/update_1.2.x」を入力し、終了する。

SVN Repository Exploringパースペクティブを開く

a. メニューのウィンドウ−パースペクティブを開くで「その他」を選択する

b. SVN Repository Exploringを開く

SVN Repository Exploringパースペクティブから新規ロケーションの追加を行う

a. 左ウィンドウで右クリックし新規ロケーションの追加

b. 新規ロケーションとして授業内で指示されたロケーションを追加する。「http://itasan.mydns.jp/keiosvn/」画像とは異なるので注意する。

プロジェクトの共有

a. チームで共有したいプロジェクトについて、パッケージエクスプローラから右クリックメニューを開き、チーム−プロジェクトの共有を選ぶ。

b. SVNを選択する

c. リポジトリをそのまま使う

d. プロジェクト名をそのままフォルダ名にし、終了する


リポジトリからのチェックアウト

a. SVN Repository ExploringからCheck Out As Projectを選ぶ

リポジトリからのアップデートとリポジトリへのコミット

a. プロジェクトのファイルを最新状態に更新するためには、パッケージエクスプローラの右クリックメニューからアップデートを行う。(リポジトリ→
ローカル)
b. プロジェクトのファイルに対して何らかの修正を行った場合には、パッケージエクスプローラの右クリックメニューからコミットを行う。(ローカル→リポジトリ)