トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース プレゼンテーション 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

調べ学習_VR

VRの解説


 調査担当者

うつみ

 VRとは

"仮想世界を含めたあらゆる体験を、時間や空間を超えてまるで現実世界のように表現するのが「VR(バーチャルリアリティ)」"

 VRの特徴

利点

  1. スマホがあれば体験できる(ヘッドセット的な)
  2. 遠隔地を実際に見るように360度体験できる
  3. 様々な分野で使えそう(VR面接というのがあるらしい)

欠点

  1. 画質が微妙
  2. 足元を見ると、撮影機材が映ったりする
  3. スマホが必要

 VRの応用

向く分野

旅行・音楽・映画・ゲーム・広告など、視覚・聴覚の分野

向かない分野

香りとか、触感が必要な分野

 VRと類似したサービス

AR:ARとは、現実空間に付加情報を表示させ、現実世界を拡張する技術のことをいいます。VRは現実世界とは切り離された仮想世界に入り込みますが、ARはあくまで現実世界が主体です。(ヘッドセットをかけると、空間にコマンドが映されて、それ操作したり)

MR:MRとは、複合現実と呼ばれ、CGなどで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術です。MRの世界内では、仮想世界のモノと現実世界のモノが相互に影響します。MR技術はMagic leapが巨額の資金調達を行って開発しており話題となっています。具体的な製品や技術は極秘とされ、謎につつまれており、公開されている動画ではまるでSF世界にいるかのような映像を確認できます。

 VRが使われている事例

旅行業界でのVR旅行、音楽業界でのVRライブ、不動産の下見、ゲーム、採用面接などなど多数

 コメント

お名前: コメント:

最終更新時間:2017年05月08日 15時34分55秒