トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

NHK日本語発音アクセント新辞典

 調査責任者

齋藤

 資料の書誌事項

書名(タイトル)

NHK日本語発音アクセント新辞典

著者名

NHK放送文化研究所 編

出版地

東京

出版者

NHK出版

出版年

2016年5月

ページ数

255p

大きさ

19cm

ISBN

978-4-14-011345-5

その他の書誌事項

定価:本体5000円+税

 資料の特徴

・アクセントがわかりやすいカラー表記
・時代に即したアクセントに変更
・「数詞+助数詞」「複合名詞」「助詞・助動詞関連」が見やすく、用例豊富
・約6万9000語が収録されていた1998年版から18年ぶりに改訂され、これまでで最大の約7万5000語が収録されている。

収録範囲

約7万5000語が収録されている。放送で用いるのにふさわしいことばの発音・アクセントを示すことが目的の辞典だが、現代のコミュニケーションに必要で、今後とも使われ続けると思われることばや、今まではあまり掲載してこなかった日本・外国地名や、アクセントに迷う長い複合語も数多く収録されている。

使い方

一般の国語辞典と同様のかなづかいによるひらがな表記の見出しで、五十音順となっている。
まず調べたい語を引き、そのことばに付けられている独自の記号によりアクセント・発音を知ることができる。

 資料の想定される用途

ある言葉の発音やアクセントを調べたいとき
放送などメディア業界で働く人はもちろん、国語教育・日本語教育に携わる人、朗読に取り組む人、俳優や声優の仕事をしている人などに使われる。

 この資料に類似した資料

新明解日本語アクセント辞典

 資料に対する調査者の印象

一般に生活するうえではあまり必要とされないが、特定の人たちにとってはなくてはならない資料なのではないかと感じた。ざっと見ていて、広く知られている発音とは異なる表記がされていることばもあり驚いた。

 コメント

お名前: コメント:

最終更新時間:2017年12月12日 13時43分26秒