トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Javaの文法:コメント文

 コメント文

コメント文の概要

  • プログラムのソースコード中にその箇所の説明をコメント文として入れるときがある
  • Java言語でのコメント文の書き方は"//"と"/* 〜 */"の二通りある
    • "//"は一行コメント、"/* 〜 */"は複数行のコメントを入れるために用いる

プログラムのコメントアウト

  • プログラム中の一部の処理を実行したくないときに、その処理をコメント文にしてしまうことをコメントアウトという
  • EclipseではCTRL+'/'で簡単にコメントアウトとコメントアウト解除を入れ替えることができる

JavaDoc用のコメント文

  • JavaDocとはJavaのソースプログラム中に埋め込んだコメント文からAPIリファレンスを自動作成してくれるツールである。
  • "/*"ではなく"/**"から始める点が普通のコメント文と異なる。
  • JavaDoc用コメント文の書き方、使い方はいまは扱わない。

 コメント文のサンプルプログラム

  • 以下のプログラムは何も実行しないサンプルである。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
package sample.basic;

public class Comment {
    public static void main(String[] args) {
        // 一行のコメントを書くときには

        //    コメント文

        //     あるいは

        /*    コメント文 */

        // という形になります。

    }
    //複数行のコメントを書く場合には
    /* ←から始め
     ↓のように終わります。
     */
}

 課題

  1. 今までに作成したプログラムに任意のコメント文(例えば「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえのあやまちというものは・・・」)を挿入し、それが実行に影響を与えないことを確認する。
  2. まず、以下のHelloWorldプログラムを一度、実行し
1
2
3
4
5
6
7
8
package sample.basic;

public class HelloWorld {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World");
        System.out.println("ついでに、こんにちは世界!");
    }
}

次のような実行結果になったことを確認する

Hello World!
ついでに、こんにちは世界!

そこで、一部をコメントアウトし、「ついでに、こんにちは世界!」が表示されないようにプログラムを修正する。

Comment.java HelloWorld.java

最終更新時間:2011年05月19日 11時26分15秒