トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Excel 2007の基本操作

 Excelとは

Excelとは?

Excelとはマイクロソフト社のもっともシェアの高い表計算ソフト。

表計算ソフトとは?

  • 複雑な計算、表・グラフの作成、簡単なデータベースの作成を行うことができるソフト。

数値データの集計・分析に用いられる作表アプリケーションソフト。縦横に並んだマス目(セル)に数値や計算ルールを入力していくと、表計算ソフトが自動的に数式を分析し、所定の位置に計算結果を代入してくれる。セルが並んだ表を「スプレッドシート」と呼び、表計算ソフト自体をスプレッドシートと呼ぶこともある。

(IT用語辞典http://e-words.jp/w/E8A1A8E8A888E7AE97E382BDE38395E38388.htmlより)

 Excel 2007の起動

  • スタートメニューから

 ファイル名の拡張子

<ファイル名>.xls
Excel 2003形式
<ファイル名>.xlsx
Excel 2007形式
<ファイル名>.csv
カンマ区切り形式

 Excelの基本

シートとブック

ファイルが存在しません。

  • シートは表のこと

行と列

ファイルが存在しません。

  • シートは行(ヨコ)と列(タテ)で構成される
  • 上図で現在カーソルがある位置は"A1"

記号

  • ×(掛け算)→"*"
  • +(足し算)→"+"
  • ÷(割り算)→"/"
  • −(引き算)→"-"

特殊な入力

  • =からはじめる→式になる
    • 例)=10*2 → 20となる。
    • 例)=A1+A3などもできる
  • "'" シングルコーテーションからはじめる→強制的に文字列
    • 数字や式を文字列として入力するときに使う
    • 例)'=10*2 → 20とならず、=10*2となるはず

 オートフィル

  • 連続データの作成
  • 数式のコピー

 セルの参照

セルの(相対)参照

  • 行列のラベルを使うことで該当セルを参照することができる

相対参照、絶対参照

  • 単にセルを参照した場合、相対参照、固定したい行ないしは列の前に"$"をつけると絶対参照
    • 例)A1・・・相対参照、$A$1・・・絶対参照
  • フィル、コピー&ペーストを使う場合、相対参照ならば、自動的に参照先のセルも移動するが、絶対参照では指定された行のみ、列のみ、行列両方は移動しない

 サンプルデータ

表1 五レンジャーの属性
身長 座高 体重 年齢
赤レンジャー 180 85 70 18
黄レンジャー 168 88 99 28
青レンジャー 210 103 66 42
緑レンジャー 172 83 65 38
茶レンジャー 162 85 55 64
表2 敵戦闘員の属性
身長 座高 体重 年齢
戦闘員A 171 91 63 18
戦闘員B 179 93 69 17
戦闘員C 162 84 62 21
モクモク怪人 205 113 120 22
へべれけ怪人 152 80 94 54

最終更新時間:2009年06月14日 23時45分55秒