トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

年表と年鑑

 年表と年鑑の違い

年表

  • 情報を時系列(年代順や月日順など)に整理し排列したもの
  • 歴史的な記述の方法のひとつである<編年体 >を採用した情報源

年代から情報を検索できるようにしている点が特徴

    • ただし、レファレンス資料としては、事項名、人名、地名などの索引が付され検索する手段が整っていることが必要と考えられる

年鑑

  • 当該一年間を対象に情報を整理した情報源
  • 年鑑概況、出来事、事件などを統計データや図表を用いて解説
  • 年一回刊行の点でタイムラグはあるが、比較的カレントな情報が収録される
  • 各種資料が収録されることが多く、便覧的な性格もある
  • 総合年鑑(一般年鑑)と主題別の専門年鑑に分けることができる

 関連する二次資料

年譜

  • 特定個人や複数の人物の著作もしくは作品を執筆年順あるいは製作年順に記したもの
  • 著作や作品の一覧として考えられる→個人書誌

白書

  • 各官公庁が、一年間の活動状況や関連領域の現況を記した行政報告資料
  • 一年に一度で発行されることから、種類としては年鑑?

最終更新時間:2005年05月12日 01時19分13秒