トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日本産カエル大鑑

 調査責任者

 任天堂ゲーマー

 資料の書誌事項


書名(タイトル)

日本産カエル大鑑

著者名

松井正文

出版地

東京・新宿

出版者

文一総合出版

出版年

2018年8月8日

ページ数

272ページ

大きさ

22cm×29.7cm

ISBN

978-4829988435

その他の書誌事項

定価29,160円(本体27,000円+8%税)

 資料の特徴

「標準的な形態・色彩だけでなく変異も充実
成体の写真は側面・背面・腹面・手足を同一ポーズで全種掲載。多数個体を掲載することで、産地や個体による色彩や斑紋の変異を充実させました。タイプ産地の個体を数多く収録している点も分類を理解するうえでは価値ある資料となっています。
卵・幼生(オタマジャクシ)・幼体も全種掲載
卵から成体までの主要なライフステージの写真をすべて網羅しました。成体の写真と同様に幼生と幼体も白バック写真で掲載しています。とくに幼生は側面・上面・下面・正面写真を収録しており、種間の比較がしやすくなっています。」と紹介されています

収録範囲

国内に棲息するカエル48種類を全種収録
成体だけでなく幼体・幼生(オタマジャクシ)・卵も全種収録

使い方

日本に生息しているカエルについて調べたい時

 資料の想定される用途

「世界と日本のカエルの概説、棲息環境・保全といった生態の概論も充実しており、基本を学びたいという人にも役立ちます。棲息環境、繁殖期の様子、鳴く姿などを収めた生態写真も数多く掲載しているため、写真を楽しむこともできます」

 この資料に類似した資料

特になし

 資料に対する調査者の印象

本自体が大きく、そこそこ厚みもあるので片手で持つには少し重い
出版されたのが今年の8月というのもあって紙質はツルツルしている
内容については種ごとに詳しく生態や情報が説明されていてわかりやすい
写真もついている

 コメント

お名前: コメント:

最終更新時間:2018年11月27日 12時08分53秒