トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日本怪異妖怪大事典

 調査責任者

あんみつ好き

 資料の書誌事項


書名(タイトル)

日本怪異妖怪大事典

著者名

小松 和彦 (監修), 常光 徹 (編集), 山田 奨治 (編集), 飯倉 義之 (編集)

出版地

東京

出版者

東京堂出版

出版年

2013年7月12日

ページ数

682ページ

大きさ

23cm

ISBN

ISBN-10: 4490108370
ISBN-13: 978-4490108378

その他の書誌事項

定価18,000円

 資料の特徴

付録 8ページ カラーの妖怪の絵画
解説
本編
索引

収録範囲

アイヌカイセイ〜椀貸淵まで(アイウエオ順)

「もののけ・化け物から現代の伝承までのさまざまな事例を1300余の項目に網羅集成。「怪異・妖怪伝承データベース」(国際日本文化研究センター)に収録の全国35,701件の事例をもとに、99名の気鋭の研究者が解説・紹介。」
と表現されている(「BOOK」データベースより)。

使い方

怪異や妖怪について名前から調べる。
索引から探すこともできる。

 資料の想定される用途

怪奇現象や妖怪についての噂を聞いたときに詳しく調べる。
また、それらに実際に遭遇したときに、名前がわかったら調べる。

 この資料に類似した資料

日本現代怪異事典(朝里樹)
怪異を語る: 伝承と創作のあいだで(喜多崎 親)
図説 日本呪術全書(豊島 泰国)
改訂・携帯版 日本妖怪大事典(村上 健司)
決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様(水木 しげる) など

 資料に対する調査者の印象

思った以上に分厚く、収録内容も多く、一つ一つの内容も細かい。
また、索引や類似している怪異・妖怪なども載っているので探しやすい。
事例や別の名前も調べられるのが、さらに興味をひかれる。
問題点としては、データベース以外の話は書ききれていないところがあるということが挙げられる。

 コメント

お名前: コメント:

最終更新時間:2018年11月27日 12時06分44秒