トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

図書館基礎特論

 概要

  1. 「電子図書館」あるいは図書館の機械化・電子化を中心として、現在の図書館が抱える課題を取り上げ、グループあるいは個人で報告を行う。最終報告のためのプレゼンテーション技術についても説明を行う。
  2. いくつかの図書館見学を行う

 連絡事項

授業アンケート

  • 2016年4月19日までの宿題
    1. テーマに関して考えてくる
    2. 行きたい専門図書館について候補をひとつはあげる
  • 2015年6月7日:中間発表(予定、教育実習に伴う休講が入る場合、6月14日)
  • 2015年7月19日:最終発表

 プレゼンテーション演習

プレゼンについて


 図書館見学

2016年度見学する図書館

  • 2016/06/08 武蔵野美術大学図書館
  • 2016/07/08 国際基督教大学図書館

2015年度見学した図書館

  • 2015/05/27 川越少年刑務所図書館

2013年度見学した図書館

  • 2013/05/22 防衛研究所史料閲覧室
  • 2013/06/01 明治大学 現代マンガ図書館
  • 2013/07/06 NHK放送博物館

2012年度見学した図書館

  • 2012/05/16 大宅壮一文庫
  • 2012/06/23 靖国神社靖国偕行文庫

2011年度見学した図書館

2010年度見学した図書館


課題

  • 見学した図書館2館以上について感想文を提出すること。

候補へのリンク


 図書整理演習

  • ブックカバーをかける演習

 ウェブサービス演習


 2008年以前の「プレゼンテーション演習」

ガイダンス

  • 課題:「電子図書館」という枠内で自分の興味あるテーマを検討すること

電子図書館について

テーマの選択


プレゼンテーションの行い方

パワーポイント

中間発表


最終発表


 授業の評価

出席状況から評価する出席点(50点満点)と成果(プレゼンテーション、資料など)を総合的に評価した成果点(50点満点)の合計とする。成果については、履修者がお互いに評価していく。

 授業へのご意見

お名前: コメント:

最終更新時間:2016年06月09日 08時53分12秒