トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

十二支のことわざ事典

 調査責任者

よしひろ+さき

 資料の書誌事項


書名(タイトル)

十二支のことわざ事典

著者名

加藤迪男(かとうみちお)

出版地

東京

出版者

日本地域社会研究所

出版年

2010年(1月)

ページ数

321p


大きさ

21cmくらい


ISBN

978-4-89022-911-6

その他の書誌事項

2800円(税別)
参考文献あり

 資料の特徴

干支ごとで分類されていて、ことわざが探しやすい。
挿絵などはなくて、文字のみ。
ことわざが書いてある横に説明文も書いてあるので、ことわざを知るのと
同時に、意味も知ることができる。


収録範囲

ことわざ・俗説・俗諺(ぞくげん)・俚諺・迷信などのフレーズの中に、十二支の動物を
表す言葉が使われているものを中心に、それらのフレーズを「ことわざ」という表現に
統一して、十二支動物別にまとめている。


使い方

干支が使用されていることわざを探す。

 資料の想定される用途

自分の生まれた干支のことわざがどのようなものなのか、干支のことわざにはどんな種類
があるのか探したいとき。


 この資料に類似した資料

十二支(えと)の動物たちの生き方事典・十二支の話題事典


 資料に対する調査者の印象

分厚くて、干支のことわざが、種類別に約20個ずつくらいあって、思ってたよりも
詳細に載っていた。ただ、挿絵などがあった方がよいと感じた。

 コメント

お名前: コメント:

最終更新時間:2018年11月20日 11時43分55秒