トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

音の表現辞典

 調査責任者



 資料の書誌事項


書名(タイトル)

 音の表現辞典

著者名

中村明

出版地

東京

出版者

東京堂出版

出版年

2017年

ページ数

287

大きさ

19.2 x 13.6 x 3 cm

ISBN

978-4-490-10891-0

その他の書誌事項

定価 2500円

 資料の特徴 

本という音がない中で使われる音の表現を音声、口調、音響の三つに分けて紹介、解説した本
様々な音の表現を日本文学から抜き出して解説する。

収録範囲 

日本文学における音、音の表現全般

使い方 

目次、作家名、作品索引から調べる。

 資料の想定される用途

本を書くにあたっての音の表現を調べる際に使用。

 この資料に類似した資料

特になし。

 資料に対する調査者の印象 

音の表現を事細やかに調べており、自分で文学を書くに当たっては一つ味わいを出せそう。
索引が作家名、作品名から調べる形となっており、使いづらい。
紹介する作品が全部日本文学であるため、動物などでは日本にでる動物のみ紹介するなど偏りがある。また、レパートリーもここ数年の作品がなく、日本文学に限定しても偏りがある。

正直、割高と思う。

 コメント

お名前: コメント:

最終更新時間:2018年11月27日 11時43分48秒