トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ベストセラー問題

ベストセラー問題

クローズアップ現代「ベストセラーをめぐる攻防〜作家VS図書館〜」


参考リンク


数字のトリック(根本彰「続・情報基盤としての図書館」より)

  • 「2001年度の書籍販売総数が5億3000万点であるという数値を下にして、書籍の販売数の半分以上に相当する数の図書館の貸出があると主張されることがある」
  • 「貸し出しの数字には雑誌と視聴覚資料の貸出が含まれる」
  • 「また、書籍についても当該年度以前に発行されたものが相当数含まれているのである」

ベストセラー貸出調査(根本彰「続・情報基盤としての図書館」より)

  • 調査時期:2002年4月
  • 売り上げデータ
    • 「出版11社の会」「出版ニュース社」
  • 貸し出しデータ
    • 126自治体の図書館の貸し出しデータ
  • →ベストセラー上位100位が貸し出し全体に占める割合は約0.5%程度

町田市立図書館の反論

ベストリーダー100の購入費 499万6千77円
図書購入費総額 1億280万1千円
図書購入費総額に占める割合 4.86%
  • 表2 ベストリーダー100の貸出冊数が図書貸出総冊数に占める割合
ベストリーダー100の貸出冊数 4万8千378冊
図書貸出総冊数 367万7千276冊
図書貸出総冊数に占める割合 1.34%



出版不況の原因?

  • 本離れの進行
    • インターネット、携帯電話の普及
  • 売れない本の出版
    • 不況のため出版点数を増やさざるを得ない
  • 新古書店
  • マンガ喫茶
  • ブックレンタル

最終更新時間:2005年07月14日 11時23分17秒