トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

プレゼンテーション

プレゼンテーション

 プレゼンテーションとは

プレゼンテーションとは、学会や研究会などで研究や調査の結果を発表すること、企業で新製品や企画などを紹介することである。以前はOHP[1]や(光学式)スライドが用いられていたが、現在ではパソコンを使ったプレゼンテーションが主流となっている。

 プレゼンテーションソフトとは

パソコンを使ったプレゼンテーションを行うときに、スライドや資料を作成するためのソフトウェア。Microsoft社のPowerPointが使われることが多い。

PowerPointの使い方

プレゼンテーションソフトでスライドを作るときの留意点

全体的なこと

  • いつも見ている人を意識する
    • 自分のための説明ではなく、見ている人のための説明を心がける。見る人は何もわかっていないことを前提にする。子供を相手にして話すぐらいの感じで。
  • 全体的な見通しをよくする
    • はじめの方に「発表の構成」を説明するスライドを入れておく、あるいは、今のスライドを説明するときに全体における位置を示すなどの工夫をする

個別のスライド

  • タイトルはそのスライドを適切に表現するものをつける
    • 一方で長すぎるタイトルは避ける(情報量を少なくするため)
  • スライド一枚1分弱
    • 発表時間の分数+α程度の枚数を用意しておく。
  • 情報量を多くしない
    • 人間が一度に理解できる分量には限界があるため、一枚のスライドに長い記述をしない
  • 明朝体ではなくゴシック体
    • 明朝体は線が細いため、プロジェクターの性能によっては見えづらくなる
  • ポイント数をできるだけあげる
    • 少しでも目立つ工夫をする
  • スライド一枚には項目一つ
    • 複数の項目を一つのスライドには書かない
  • スライドに書かれていることと説明を一致させる
    • 見ているスライドと話していることが違うと見ている人は不安になる

発表のときに

  • スライドに書かれているからと言って説明を省かない
    • 上のことに関連するが、スライドの内容を読みながら、書いていない話を聞くと不安になる
  • できる限り、聴衆を見る
    • 原稿ばかりを見ていると熱意がないと思われてしまう
  • 現在のスライドを確認する
    • 原稿を見ていると現在のスライドがずれていることに気づかないことがある
  • できればマウスは避ける
    • 緊張している場合にマウス操作が難しいことがある。前に進むのはEnterキー、戻るのはBackSpaceキーでできる。
  • 立ち位置を考える
    • プロジェクターで投影するときなどにスクリーンの前に立ってしまうとスライドが一部の聴衆から見えない事態になり、それに気づかないことがある

よりよいプレゼンのために

  • 練習を行う
    • 誰でもよいので人を前にして一度通してリハーサルを行う。時間配分、話し方など、実際にやらないとわからないことが確認できる。←当然のことだが、とても重要
  • メリハリをつける
    • アニメーションを多用しない(効果が薄れる)→ポイントとなるスライドのみに使う
  • 字だけのスライドをあまり連続させない
    • 見ているほうが単調になるので、数枚に一度は図表を入れる
  • 強調したい事柄をしっかりと強調する
    • ポイント数をあげる、色を変える、枠で囲む等をする。特にグラフや表などで強調する項目が目立つような工夫をする

些細なTips

  • ファイルの拡張子をpptからppsに変更しておく
    • 標準の動作がスライドショーに変わる。pptでは標準の操作がパワーポイントの起動であるため、そこからスライドショーの実行を行う、つまり2ステップ必要であるが、ppsでは選択して実行すればよくなるため1ステップですむ
    • PowerPoint 2007の場合には、pptx→ppsx

  • 最終スライドとして、タイトルスライドを入れておく
    • スライドショーが終了したときに、黒い画面になるのはあまりよい印象を与えないため

リンク集

  • パワーポイント119 http://www.hey.ne.jp/~temp/
    • ステップごとの基本的な操作法、デザインテンプレートが置いてある

  • 企画書なら【達人、佐々木博のプレゼンマン】 http://bb-wave.biglobe.ne.jp/prezenman1/
    • パワーポイントを中心として、プレゼンテーション全般に関して、まとめられている

  • Be Cool Users http://kokoro.kir.jp/
    • Tipsやコツなどが項目ごとに説明されている。基本はマスターしているユーザーがちょっとした技を使いたいときに便利。


  • 泣ける!!プレゼンテーション8つのステップ http://www.nakeru-p.com/
    • プレゼンテーションの行い方を、情報収集部分も含めて、8ステップにして解説している。ただし、リンクが一部おかしなところがあるので注意。

  • プリントアウトファクトリー http://www.printout.jp/
    • パワーポイントのテンプレートも配布している。ただし、無料ではあるが利用者登録が必要。

  • bb-waveパワーポイントのフリー素材 http://bb-wave.biglobe.ne.jp/ppt/index.html
    • パワーポイントのクリップアートやテンプレートを配布している。ただし、無料ではあるが利用者登録が必要。


  • もんたメソッド http://www.bricklife.com/weblog/000626.html
    • 「高橋メソッド」以降、多くのプレゼンテーションに関する工夫に対して「○○メソッド」という名をつけることが流行っていますが、そのなかでは、ネットとはあまり関係ないところから、出てきた、この「もんたメソッド」が効果的な手法だと思います。


プレゼンテーションの動画


プレゼン関係の記事


 プレゼン関係書籍

  • 順番は個人的に参考になった順
amazonsearchプラグインは存在しません。
  • スティーブ・ジョブズのプレゼンを解説した本。ある程度は参考になるが、ジョブズでないとできなさそうなことも多い。また、新しい技術などを紹介する時には参考になるが、アカデミック向きでない話も多い。
amazonsearchプラグインは存在しません。
  • さまざまな人のプレゼンテーションスライドとその解説を記述した本。参考になる人もそうでない人もいる。

 TED

 エレベーター・ピッチ


 関係リンク

  • [1]オーバーヘッドプロジェクター

最終更新時間:2015年06月23日 12時54分48秒